2017/11/06 15:46

鯖江製ボストン・プレミアムの特徴について

眼鏡フレーム発祥の地でもある鯖江市河和田。

100年以上の歴史のあるその河和田の伝統的な製造方法を忠実に守って作られた逸品です。

チタンフレームに彫られた模様は、彫金と言って鯖江の匠によりノミを使い手作業で彫られた金型を使って刻まれています。機械では出せないその美しさ、精巧さをご堪能下さい。この技術は、今では鯖江でも2名の匠しかいなく、近い将来には無くなる可能性のある伝統的かつ貴重なデザインです。


最も稼働回数が多く消耗しやすい蝶番(ヒンジ)部分は、割智(わりち)と言って昔ながらの製法を守り職人が一つ一つ手作りした壊れにくい部品を採用しています。大量生産できない貴重な部品です。 

彫金の施されたチタンフレームを包み込むようにアセテート(プラスチック)をはめ込んだ内ワッパスタイル。上品でかつ個性的な本物のヴィンテージフレームにしか出せない独特な雰囲気を持っています。


■商品情報


商品のご注文はこちら


  • Home
  • About
  • Blog